就職活動

就活の流れ

働く理由や目的は一人ひとりさまざまです。
「就職できたら何をしたいか?」「働きながらどんな生活にしたいか?」「働くことで体調はどう変化するか?」「その仕事から何を得られるか?」「就職を通して何ができるようになるか?」を考えてみましょう。あなたにとって働くとはどういうことか見えてくると思います。就活する過程で、時には落ち込むこともあると思います。そのときは、自身の働く理由や目的に立ち返りながら就職まで取り組んでいきましょう。

事前打ち合わせ

ヒアリング、体験実習の内容についてのご相談

コーディネーターによる見学・体験、ご利用者の紹介

当社コーディネーターによる見学・体験、仕事内容や
職場環境にあったご利用者の推薦

ご利用者との面接、打ち合わせ

ご利用者との面接、顔合わせ、体験実習の内容やスケジュールの確認

体験実習(1〜4週間程度)

□体験実習の期間は、ご相談に応じて決定します。(目安:1~4週間程度)
□体験実習終了後にご利用者の仕事ぶりに関する評価をお願いしています。
□採用の見込みがある場合は、ハローワークを通じた採用の手続きをコーディネート致します。
*体験実習中、継続が困難と判断された場合は期間を問わず終了します。
*体験実習は、職業準備プログラムの一貫として実施するため、賃金、交通費などの支給は不要です。
*万一の事故やケガに備え、当社にて各種保険に加入しておりますのでご安心ください。

フォローアップ

雇用後も関係機関(職業センター、就業・生活支援センターなど)と連携してフォローアップ致します。

雇用

ハローワークを通じて雇用していただくと、障害者雇用の制度や助成金などを活用できる場合があります。(詳しくはハローワークにお問い合わせください)フォローアップ 雇用後も関係機関(職業センター、就業・生活支援センターなど)と連携してフォローアップ致します